女性

石油から精製ワセリンで肌を保湿しよう|乾燥肌対策に最適な保湿剤

最後の仕上げに使えます

クリーム

ワセリンは、原油から精製される天然の保湿油です。化粧水や乳液と違って肌の奥に浸透せず、肌表面に覆いかぶさるようにして肌を保護します。そのため、ホコリや化学物質から受ける刺激が少なくなるので、乾燥肌やアトピーの治療にも多く使用されます。ワセリンの使い道は様々あって、ハンドクリームの変わりに使うこともできます。また、リップクリーム代わりに唇に塗ることも可能で、唇が乾燥しやすい人はこまめに唇のケアを行ないましょう。また、はちみつとワセリンを同じ割合で混ぜて唇に塗っておくと、唇パックとしての役割も果たしてくれるので、唇の縦じわ予防にも繋がります。ワセリンはできるだけ入浴後すぐに塗るようにすると角質層の水分が蒸発しないように保護してくれるので、乾燥肌が気になる人には最適のスキンケア用品です。

ワセリンの保湿効果を高めたいのなら、入浴後に行なうスキンケアの最後の仕上げとして使うと良いでしょう。最初に化粧水や乳液を顔に塗りこみ、その後にワセリンを塗ると美容成分を肌に閉じ込めて浸透させることができます。塗るときはベタつかないように薄く塗ることを心掛けましょう。肌の油分が多い人は顔全体に塗るのではなく頬や口周り、乾燥しやすい目元中心に塗りこむと快適に使えます。万が一、化粧水などのスキンケア用品が染みて痛い場合は、顔を洗った後にワセリンだけを塗るようにしましょう。初めてワセリンを使用するなら刺激の少ない白色ワセリンを使って様子を見て、肌への影響を確認するべきです。さらにワセリンは酸化しやすい性質を持っているので、開封後は使用期限内に使い切るようにしましょう。