女性

石油から精製ワセリンで肌を保湿しよう|乾燥肌対策に最適な保湿剤

正しい使い方

手

花粉症対策にもなるワセリンは、使い方に注意しないと肌トラブルを悪化させてしまいます。基本的にワセリンは化粧用油として販売されているので、化粧水などと違って肌の奥に浸透するわけではありません。そのため、塗りすぎると顔がべたついたり、髪の毛がくっついたりして不快な思いをする場合があります。さらに、元々皮脂の分泌量が多いオイリー肌の人やニキビ肌の人がワセリンを塗りすぎると、肌の脂の量が多くなり、過剰に皮脂が分泌されてニキビの症状を悪化させる可能性もあります。オイリー肌の人がワセリンを使うときは、塗る場所や量を意識して、肌表面の脂の割合が高くならないように気をつけましょう。また、肌が弱い人は黄色ワセリンではなく白色ワセリンを使うと良いでしょう。白色ワセリンは精製度が高いために不純物の量が少なく、低刺激で安全に使えます。

実はワセリンには使用期限があります。原材料が原油なので酸化しやすく、開封後しばらく使わずに放置していると色が黄色く変化していきます。さらに臭いも強くなるので、ワセリンを使う前は臭いや色を確認して、酸化していないか判断しましょう。ワセリンの保存状態を良くするためには使用後に蓋をきちんと閉め、直射日光が当たらない場所に置くなどの工夫が必要です。万が一変色しているワセリンを捨てるのが勿体無いと感じたら、変色している部分だけを取り除きます。削った場所の色や臭いを確認して、特に問題がないようなら使っても良いですが、実際に肌に塗ってみて異常を感じたらすぐに新しい商品と交換しましょう。