女性

石油から精製ワセリンで肌を保湿しよう|乾燥肌対策に最適な保湿剤

肌を保湿する油

鏡を持つウーマン

睡眠不足は美容の大敵と言いますが、実際に睡眠不足になると乾燥肌になる可能性が高くなります。睡眠の時間が短いと成長ホルモンの分泌量が少なくなり、肌のターンオーバーが正常に行なわれなくなります。そうなると、日中ダメージを受けた肌が回復せず、ニキビや乾燥肌などの肌トラブルを引き起こします。さらに、入浴方法も重要で、角質層の保水量を適切に維持しないと水分が蒸発して乾燥肌を進行させてしまいます。乾燥肌を抑制するためには毎日のスキンケアが重要ですが、化粧水や乳液以外に肌の潤いを維持するワセリンは万能なスキンケア用品です。多くの人はワセリンと聞くと赤ちゃんの肌を守るために使うものだという印象があるはずです。しかし、ワセリンはその保湿性の高さや安全性が再認識されるようになり、今ではスキンケア用品として多くの女性が愛用しています。

ワセリンには、黄色ワセリンと白色ワセリンの二種類があります。この2つの違いは不純物の含有量です。不純物が多く色も黄色がかっている黄色ワセリンは雑貨品に分類され、医薬品や医薬部外品には該当しません。そのため、比較的安価で購入できますが、肌が弱い人が使うと強い刺激を感じる場合があります。対して白色ワセリンは不純物の量が少なく、医薬品や化粧用油として扱われています。価格は多少高くなりますが、医療機関で使用されるほど安全性が高く、敏感肌の人でも安心して使い続けることができます。刺激が少ないので、体だけではなく顔やデリケートゾーンなどの敏感な部分にも使用可能です。最近は使いやすいチューブタイプのワセリンが人気なので、肌トラブルを解消したいのなら使ってみましょう。