クリーム

ワセリンで肌を保湿しよう|乾燥肌対策に最適な保湿剤

石油から精製される成分

女の人

赤ちゃんの肌を保護する保湿剤としてワセリンがよく知られています。そもそもワセリンとは炭化水素類を石油から抽出し、高純度に精製して作られている化粧用の脂です。そのため、ワセリンを長く放置しているとすぐに酸化してしまって使えなくなります。また、ワセリンは油なので肌の表面に塗ると肌を保護する膜の働きをしてくれて、外部から与えられる刺激で肌がダメージを受けないように守ってくれます。さらに、肌の角質層にある水分が蒸発しないように防止して、乾燥肌が進行しないように予防してくれるので、肌トラブルで悩んでいる人にとってはとても頼りになる存在です。ワセリンは天然成分なので肌が弱い人でも負担なく使用することができ、体に元々備わっている自然治癒力を引き出す効果もあります。

ワセリンは薬局やスーパーで簡単に購入できますが、初めて使用する人は効果的な使い方がわからずに持て余してしまいがちです。万能な働きをするワセリンを上手に使いたいのなら、毎日の入浴後に行なっているスキンケアの仕上げとして使用しましょう。特に夜のスキンケアの後にワセリンを使うと、睡眠中に肌の水分が蒸発することを予防するので、乾燥肌対策としても最適です。また、乾燥肌が進行する原因は水分の蒸発だけではなく、春先に増える花粉や紫外線が要因となる場合もあります。さらに春はホルモンバランスが乱れやすくなっているので、その分肌も敏感になっています。このようなときにワセリンで肌を保護してあげれば、刺激を最小限まで抑えてくれるでしょう。

肌を保湿する油

鏡を持つウーマン

ワセリンには黄色と白色の二種類がありますが、それぞれの違いは不純物の量です。乾燥肌を治したいのなら低刺激な白色を使った方が良いですが、継続して使用するなら正しいスキンケアを心掛けましょう。

More Detail

最後の仕上げに使えます

クリーム

天然の保湿油であるワセリンは、肌の表面を保護する保湿剤として最適です。唇の乾燥予防やアトピーの治療にも使われる程優秀な働きをするので、入浴後のスキンケアの仕上げとして使用しましょう。

More Detail

正しい使い方

手

ワセリンを使うときは自分の肌質に気をつけましょう。オイリー肌やニキビ肌の場合は肌表面の油分が多くなる可能性があるので、薄く伸ばしながら使用しましょう。さらに、保管するときは直射日光が当たらない場所に置く必要があります。

More Detail